ベトナムコーヒー

“コーヒー”と聞いて思い浮かぶ国は
まずはブラジルではないでしょうか。
生産量・輸出量とも世界第一位です。

では、第二位はどこの国でしょう?
はい、そうです。ベトナムなんですね。
なかでも缶コーヒーやインスタント
コーヒーなどによく使われている種
「ロブスタ豆」では世界一を誇ります。

フランス統治時代に国内に持ち込まれ、
国土のほとんどが栽培に適しており、
いわゆるコーヒーベルトに位置して
いるので、全土に広がっていきました。

バターロースト製法で焙煎するため、
濃厚な風味とコクが生まれ、さらには
深煎りすることによって、独特の苦み
と香ばしさが出る反面、酸味が軽減し
後味がすっきりなのです。

抽出の仕方も独特で、非常に時間を
掛けてドリップし、通常はコンデンス
ミルクや砂糖を入れていただきます。

ベトナムコーヒー.png
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。