ビジネスチャンス

目まぐるしく発展を遂げるベトナムには、
今もたくさんの資本が投入されています。

ベトナムに限りませんが、東南アジアは
諸外国の開発ラッシュが続いています。
近隣国の「アジア最後のフロンティア」
と称されるミャンマーや、長い内戦から
経済復興を遂げつつあるカンボジアなど
への投資熱は冷めることがありません。

大手企業が極めて迅速に対応するように、
ビジネスチャンスであることは間違いの
ないところですね。

今年1月にオープンしたイオンの1号店
「イオンモール・タンフーセラドン」の
初日の来店客数が15万人を数えたり、
同じく1月にトヨタ自動車が開業した
レクサス販売店に、2か月弱で100台
を超える高級車の注文があったりと、
ベトナムの人々の購買意欲はどんどんと
向上しています。

肌で感じた私見ですが、どんなビジネス
を仕掛けても、よっぽど下手をうたない
かぎり、成就する可能性は高いです。

ビテクスコ・フィナンシャルタワー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。