ダイナミックな変化を遂げる20都市

1月22日にアメリカの不動産企業
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)が
「ダイナミックな変化を遂げる20都市」
を発表し、ホーチミン市が初めて6位
にランクインしたそうです。

東南アジア、とりわけベトナムへの
資本投入が著しい近年においては、
ホーチミン市の変貌は凄まじいものが
あります。

この指標の目安となる項目は多岐に
亘っていて、総合評価6位というのは
とても素晴らしいことだと思います。

ちなみに上位にランクインした都市は
1位=ロンドン(英国)
2位=サンノゼ(米国)
3位=北京(中国)
4位=深圳(中国)
5位=上海(中国) となっています。

ホーチミン市が「ダイナミックな変化を
遂げる20都市」6位に
−米・不動産企業が発表
http://hochiminh.keizai.biz/headline/169/

ホーチミン市.png

船上レストランが休業

ホーチミン市を訪れる度に決まって
予定に組まれていた、サイゴン川の
ナイトクルーズ等の船上レストラン
が2月1日から休業するそうです。

アテンドの意味合いで、サイゴンの
夜のお約束だったので、個人的には
十分堪能しましたが、営業再開時期
は未定と聞くと、一抹の寂しさが。

それもこれも、グエンフエ通りと
サイゴン川の遊歩道を一層充実させ
観光名所にする、同市交通運輸局の
バクダン港改修計画の一環なので
致し方のないところですね。

出来るかぎり早急に工事が終わって、
さらなる素晴らしい観光スポットに
生まれ変わることを期待します(^-^)

ベンゲー号.png

ホーチミン市の歩き方

ホーチミン市のバイクの数の多さには
驚きましたが、信号機の少なさにも
ビックリしてしまいます。

1区の主要幹線道路には、そこそこの
信号機がありますが、すこし外れると
まぁありません(苦笑)

縦横無尽に駆け回るバイクをかわして
道路を横断するのは、最初はおっかな
びっくりで、恐怖感もありましたが、
慣れると結構普通に歩けたりします。

というより、ゆっくり歩いていると、
バイクの方で勝手によけてくれます。
変則的な動きをすると、接触されたり、
クラクションを思いきり鳴らされたり
しますので注意が必要です。

バイク同士、あるいはバイクと車の間
には、お互いの目線やジェスチャーで
コミュニケーションを取っているのか、
皆さん上手に走行しています。

まだこちらでの滞在数は少ないですが、
一度も事故らしきものを見ていません。

動画はベンタン市場から、ロータリー
中央に立つチャン・グエン・ハン将軍の
騎馬像へ向かった時のものです。

バック・ホー

現在の首都はハノイですが、統一前の
南ベトナムの首都だったのがサイゴン。

1975年サイゴン陥落後、共産党指導者
ホー・チ・ミン氏にちなんでホーチミン市
に改称されました。

ホー・チ・ミン氏の政治思想や手法は
今も賛否両論渦巻きますが、ベトナムの
民族解放と独立に尽力した偉大なる
人物なのは間違いのないところですね。

ベトナム国民からは親しみを込めて、
「ホーおじさん(バック・ホー Bác Hồ )」
の愛称で呼ばれています。

写真は人民委員会庁舎前のホーチミン像。

ホーチミン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。