マスターズ・ビルディング

昨日『30万戸の住宅建設事業』と言いましたが、
その第一弾として、ホーチミン市2区に建設予定の
マンションがマスターズ・ビルディングです。

現在の中心地である1区の官庁街や金融街を2区に
移転するニューサイゴン計画や住友商事がODAで
建設中の地下鉄、2020年開港予定の新空港から
延びる高速道路等のインフラ整備などが相まって、
マスターズ・ビルディング建設予定地の地価評価額
が、この4月には平米33万円という期待感満載の
価格を呈しています。

この地に現状ベトナムに存在しないクオリティーの
高いマンションを建設していきます。
詳細は下記リンクにてご確認くださいませ(^▽^)ノ

Facebookページ CS
https://www.facebook.com/PTRJE

マスターズ・ビルディング

協同組合Mastersとは

どういった仕事でベトナムと関わりを持ったのかと
いうと、所属する全国初の異業種協同組合である
協同組合Mastersと前首相の息子で現首相の
甥っ子がオーナーを務めるMINH DUC社が合弁し、
ベトナム現地法人を立ち上げました。

そして、新聞・テレビなどで大々的に発表された
国家プロジェクトである『30万戸の住宅建設事業』
に参画することになったんです。

全国各地にネットワークを持つ異業種協同組合とは
いったいどういうものなのか?
その詳細については以下のリンクをご覧ください。

協同組合Masters
http://www.masters.coop/

協同組合Masters
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。